よくある質問:FAQ

Q1. 除菌水ですが、菌やウイルスの実証実験結果はあるの?
A1. 大腸菌、O-157、一般細菌、黄色ブドウ球菌、サルモネラ菌、腸炎ビブリオ、糸状菌、インフルエンザウイルス、ノロウイルス、枯草菌、芽胞菌(セレウス菌、等)、結核菌、HBV(B型肝炎ウイルス)、HCV(C型肝炎ウイルス)、HIV(エイズウイルス)等において、アルコール(エタノール)より広範囲だという実証実験結果があります。但し、次亜塩素酸水は薬機法上、効果を謳えないことをご理解ください。

Q2.どんな時に使うのか身近な使用方法を教えてくれる?
A2.代表例として以下のような場合にお使いいただけます。

  • ミストで家や病院・施設を丸ごと除菌
  • 嘔吐物・糞尿等の除菌・手指・足の除菌・消臭
  • 玄関・リビング・車回りの除菌・消臭
  • キッチン周りの除菌・消臭
  • トイレ・お風呂・洗濯の除菌・消臭、洗濯槽・浴槽・座椅子等
  • ペット周りの除菌・消臭
  • 切花用花瓶水・野菜の除菌
  • 入れ歯や歯ブラシの除菌

Q3.花粉症にも良いと聞いたが?
A3.スギ花粉に対する不活性化が認められているとの論文が公表されています。 例として「スギ花粉の粗抽出液およびスギ花粉本体に対し、有効塩素濃度50ppmの弱酸性次亜塩素酸水溶液は高い不活性化を有していた」との論文があります。 (「弱酸性次亜塩素酸水溶液のスギ花粉アレルゲン Cryjlに対する不活化効果」より引用)
Q4.一回の使用量について教えて?
A4.除菌したい場所が十分湿るぐらいに噴霧してください。
Q5.人体への影響について安全性を確認したいが?
A5.環境システム(株)にて取得した公益財団法人食品農医薬品安全性評価センターによる試験結果は以下の通り。なお、上記の通り人体への安全性を確認していますが、現時点では薬機法上、人体への影響に関して明確に表記することができできません。次亜塩素酸水は「自己責任」となることをご理解願います。

  • 誤飲の場合(単回経口投与毒性試験) ⇒ 異常なし
  • 目への影響(眼刺激試験)      ⇒ 刺激性なし
  • アレルギー反応(感作性試験)    ⇒ 感作性なし
  • 皮膚への影響(皮膚累積刺激性試験) ⇒ 刺激性なし
  • 発ガン性について(復帰突然変異試験)⇒ 誘起する作用なし

Q6.保管方法について教えて?
A6.冷暗所に保管するか遮光性の高い容器で保管してください。開封後の使用期限の目安は半年程度ですが、その後は徐々に水に戻り効果が少なくなっていきます。希釈した場合の使用期限は、1ヶ月程度となります。
Q7.高濃度を希釈する場合は精製水じゃないとダメ?
A7.希釈する際のお水は精製水の方がより良い(長く持続する)のは事実ですが、水道水でもあまり差はありません。できれば浄水器を通して不純物を除いていただいてお使いいただくことをお勧めします。

Q8.注意事項は?
A8.以下ご注意ください。

  • 高温・直射日光を避けて冷暗所に保管してください。
  • 乳幼児の手の届かないところに保管してください。
  • 眼に入った場合は綺麗な水で洗浄してください(高濃度400ppm)。
  • 皮膚に付着した場合はきれいな水で洗い流してください(高濃度400ppm)。
  • 飲み込んだ場合は直ちに口の中を水で洗浄し多量の水をお飲みください(高濃度400ppm)。

携帯用30mlミニスプレー