基礎知識

メディワンウォーターとは?

次亜塩素酸炭酸水です。


次亜塩素酸炭酸水とは、次亜塩素酸ナトリウムに炭酸ガスまたは塩酸を混合して pH値を調整し生成した除菌水及び電気分解で生成した除菌水の総称です。 次亜塩素酸炭酸水は次亜塩素酸水の中の名称です。

また、生成はクリニック内で行われていることからも安心です。

pH6.0~6.5の領域で最も強力な除菌力を発揮。炭酸水で希釈するとpHが6.0~6.5に落ち着き、強力で安全な「弱酸性次亜塩素酸除菌水」ができます。
また、弱酸性なので肌に優しく、特有のきつい塩素臭も緩和します。

次亜塩素酸水とは?

厚生労働省令75号・告示第212号(官報第3378号)によると、

  • 定義:塩酸または食塩水を電解することにより得られる、次亜塩素酸を主成分とする水溶液。強酸性次亜塩素酸水(有効塩素20~60㎎/kgを含む)と微酸性次亜塩素酸水(有効塩素10~30㎎/kgを含む)とがある。
  • 性状:無色の液体で、においがないか又はわずかに塩素のにおいがある。
  • 安全性:人の健康を損なうおそれはないことから、食品添加物として使用することは差し支えない。
  • 使用基準:「次亜塩素酸水は最終食品の完成前に除去しなければならない」また、厚生労働省医薬局保健部基準課長通知において、「使用後、食品飲用適の水で十分水洗いすること」。

因みに、次亜塩素酸水はコンビニ等のカット野菜の洗浄等にも使われています。

また、2017年3月27日には、農林水産省告示第443号にて有機農産物の生産方法の基準として、有機農産物の栽培資材として認められています。

次亜塩素酸水の殺菌力は?

次亜塩素酸(HCLO)の殺菌力は、次亜塩素酸イオン(OCI̠⁻)の約80倍高いと言われています。したがって、次亜塩素酸水は、次亜塩素酸の存在比率 が高いため、次亜塩素酸ナトリウム ※(NACIO)よりも高い殺菌活性を示します。

(厚生労働省資料「次亜塩素酸水と次亜塩素酸ナトリウムの同類性 に関する資料」より)。

※次亜塩素酸ナトリウムと次亜塩素酸水は同類ですが、異なります。
次亜塩素酸ナトリウムは、漂白剤、消毒剤等があり、昨年殺菌剤としてノロウイルス菌に効果があり有名になりました。しかし、腐食性、刺激性、があり、加えて酸化剤を混入すると有毒ガスが発生する危険があります。また、強アルカリ性のため皮膚についた際に注意する必要性があります。

次亜塩素酸水はなぜ良いの?

次亜塩素酸は、人体に元来備わっている除菌成分

人の血液中でも次亜塩素酸(HCLO)が作られ、体内に侵入した細菌・ウイルスなどの異物を排除しています。「次亜塩素酸」は「人の免疫成分」、菌類と反応した後は水に還ります。

つまり、

  • メディワンウォーター(弱酸性次亜塩素酸水)は 弱酸性で優しい除菌・消臭衛生管理の国際基準HACCPても 認められている安全で強力な除菌水です。
  • 次亜塩素酸水は、厚生労働省・アメリカ食品医薬品局(FDA) で食品添加物として認めれられています。

注意:次亜塩素酸水は、安全性と各種ウイルスへの効果は認められていますが、現時点では薬機法上人体への影響に関して明確に表記することができません。ご利用は自己責任となることをご理解願います。

メディワンウォーター除菌スプレー300ml(100ppm)&携帯用除菌ミニスプレー30ml(100ppm)&詰替え用700ml(高濃度400ppm)
メディワンウォーター除菌スプレー300ml(100ppm)&携帯用除菌ミニスプレー30ml(100ppm)&詰替え用700ml(高濃度400ppm)

品名  :メディワンウォーター
商品  :次亜塩素炭酸水
原料  :次亜塩素酸Na(食品添加物用)+炭酸ガス(食品添加物用)+水
使用期限:製造日より6ヶ月を目安
製造会社:株式会社メディカルプラス