最新情報

2020年6月26日付にて独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)による「新型コロナウイルスに対する消毒方法の有効性評価について」の最終報告を受け、厚生労働省、経済産業省、消費者庁、は新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について取りまとめを合同で発表しましたのでご報告いたします。

厚生労働省、経済産業省、消費者庁、合同による『「次亜塩素酸水」の使い方について』

新型コロナウイルスの消毒・除菌方法について(厚生労働省・経済産業省・消費者庁特設ページ)

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/syoudoku_00001.html


新型コロナウイルス対策「次亜塩素酸水」を使ってモノのウイルス対策をする場合の注意事項

 https://www.meti.go.jp/press/2020/06/20200626013/20200626013-4.pdf


「次亜塩素酸水」は、「次亜塩素酸」を主成分とする、酸性の溶液です。酸化作用により、新型コロナウイルスを破壊し、無毒化するものです。

いくつかの製法がありますが、一定濃度の「次亜塩素酸水」が新型コロナウイルスの感染力を一定程度減弱させることが確認されています(NITEの検証)。


<使用方法>

  1. 消毒したいモノの汚れをあらかじめ落としておきます。
  2. 拭き掃除には、有効塩素濃度80ppm以上(ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムを水に溶かした製品の場合は100ppm以上)の次亜塩素酸水をたっぷり使い、消毒したいものの表面をヒタヒタに濡らした後、20秒以上おいてきれいな布やペーパーで拭き取ってください。
    元の汚れがひどい場合などは、有効塩素濃度200ppm以上のものを使うことが望ましいです。
  3. 生成されたばかりの次亜塩素酸水を用いて消毒したいモノに流水掛け流しを行う場合、35ppm以上のものを使いましょう。
    20秒以上掛け流した後、きれいな布やペーパーで拭き取ってください。

<安全上の注意>

  • 製品に記載された使用上の注意を正しく守ってください。
  • 希釈用の製品は正しく希釈して使いましょう。
  • 酸と混ぜたり、塩素系漂白剤と混ぜたりすると、塩素が発生する危険があります。
    (また、開栓時は、塩素が既に発生している可能性に注意してください。)
  • 人が吸入しないように注意してください。人がいる場所で空間噴霧すると吸入する恐れがあります。
  • 濃度が高いものを使う場合、直接手をふれず、ゴム手袋などを着用してください。

<効果的に使うためのポイント>

  • 使用の際は、酸性度・有効塩素濃度や使用期限等を確認しましょう。
  • 有機物に弱いため、汚れを落としてから使用してください。
  • 空気中の浮遊ウイルスの対策には、消毒剤の空間噴霧ではなく、換気が有効です。

【「次亜塩素酸水」の空間噴霧について】

「次亜塩素酸水」の空間噴霧で、付着ウイルスや空気中の浮遊ウイルスを除去できるかは、メーカー等が工夫を凝らして試験をしていますが、国際的に評価方法は確立されていません。
安全面については、メーカーにおいて一定の動物実験などが行われているようです。

ただ、消毒効果を有する濃度の次亜塩素酸水を吸いこむことは、推奨できません。

空間噴霧は無人の時間帯に行うなど、人が吸入しないような注意が必要です。

なお、ウイルスを無毒化することを効能・効果として明示とする場合、医薬品・医薬部外品の承認が必要です。現時点で、「空間噴霧用の消毒薬」として承認が得られた次亜塩素酸水はありません。

メディワンウォーターについて

メディワンウォーターは、電解による次亜塩素酸水です。クリーンな病院で生成して、出荷前に医療関係者による水質検査を行っています。

なお、スプレー及び携帯用スプレーの濃度は100ppm、使用期限は生成後約6ヶ月です。
詰替え用は、400ppmと高濃度になりますので、用途に合わせて希釈してご使用ください(浄水で希釈した場合、使用期限は希釈後約1ヶ月となります)。

〔参考(NITEの最終報告)〕

一定の濃度以上の次亜塩素酸水が、新型コロナウイルスの消毒に対して有効であることを確認。

 次亜塩素酸水は、以下のものを有効と判断しました。

  ・次亜塩素酸水(電解型/非電解型)は有効塩素濃度35ppm以上
  ・ジクロロイソシアヌル酸ナトリウムは有効塩素濃度100ppm以上

  なお、今回の検証結果を踏まえると、

  次亜塩素酸水の利用に当たっては以下の注意が必要であることが確認されました。

  ①汚れ(有機物:手垢、油脂等)をあらかじめ除去すること
  ②対象物に対して十分な量を使用すること

NITE発表:

https://www.nite.go.jp/information/osirase20200626.html

新型コロナウイルスに対する代替消毒方法の有効性評価(最終報告)〔参考P20-P22、P29-P31〕

 https://www.nite.go.jp/data/000111315.pdf